Sharon Gannon女史 シェロン*ギャノン先生ブックツアー
何しろ、美しいお方です。

b0223575_383021.jpg

この頃のサンフランシスコエリアで一番ビッグなヨガニュースと言えば、

"Sharon Gannon is Coming !"

スタジオの美しいヨギニがエキサイトして…まるでロックスターでもお出ましかなと疑っていたら、あ~彼女のご師匠様がニューヨークから?えっ、ニューヨーク生まれの爆発的にポピュラーなヨガスクールの創立者、兼インストラクターのシャロン*ギャノンがいらっしゃるとのこと。こちら風に言えば、まさに”ウワオ”WOW!ですね。ニューヨークが発祥地であるこのヨガスタイルは特有でこと独創的であるため、特にクリエイティブタイプからのファン層にアピールが広がって今日に至るようです。ここ20-30年間の功績によって世界指折的ヨガスタイルを生み出したシェロン先生と彼女のパートナーヨギ、デービット*ライフ氏ですが、この頃はインストラクター養成ヨガトレに参加していないかぎりなかなか直接には受講できないシェロン先生のクラスなので…もう舞い上がるほど嬉しいです。以前はヨガジャーナルコンフェレンスなどでサンフランシスコにいらしていたそうですが、ここ数年、彼女流のヨガスタイルを広めるのはもうお弟子さんに任せているせいか、彼女自身がヨガトレ以外の生徒を教えるのってかなりまれです。すっごい偶然で、先日”ライフ”と記された喫茶店の扉に気がついたのも、このデービット先生の名前が頭に浮かんだからかもしれません。知らず、近い将来関連する名と巡り合うなんて、なんとも不思議な…妙な気持になります。
053.gif
b0223575_395757.jpg

ジヴァムクテイーのニューヨークスタジオ内のカフェーメニューは開店時からヴィーガンフードだけ。カリフォルニアンとして覗くと、まるで60年代のサンフランシスコヒッピー風、又はバークレー学生街やサンタクルーズキャンパス近くのヘルシーカフェなの?といった雰囲気が漂ってます。もうかれこれ30年+ヴィーガンライフを維持されてきた、そのシェロン先生が最近ヴィーガンのお料理の本を出版され、ヨガ界ではかなりの注目を浴びてます。来週のブックサイニングツアーでいらっしゃる事を心待ちしている彼女の元生徒さんや一般ヨギファンがつめかけることでしょう。サンフランシスコ大手ヨガスタジオのヨガツリーでの彼女の講演会兼ヨガレッスンはもう完売。幸運にもパスが手に入ったので来週末はジィヴァムクテイー流派のクリエイター、シェロン先生のもとで元気を取り戻したいと思います。アメリカヨガ界では崇められ、セレブ、こちらで”ロックスター”的インストラクターと呼ばれる大先生であり、何だかロックーコンサートか有名文化人講演会に行く気分が全くそれ。

さて、ヨガ界大御所みたいな方の優秀なお弟子さんの中には、シリコンバレーで知名度+好評度高き、ジゼール*マリー先生でしょうか。

ジゼールはシリコンバレープレミア、セレクトスタジオ2-3か所で教えるレギュラー3クラス以外、その他招待されるスタジオ数か所、そして全国、国際ロケでレトリートやワークショップを繰り広げてます。(実は彼女がまだそれほど知れ渡ってないライジングスター的な存在の頃、私が今現在教える同じスポーツクラブで9年ほど教えていたそうで…それでもって私が今教えるクラスはもとは彼女が教えていたそうです…私で”3代目”らしき…そのクラスも又陰スタイルなので全く彼女の今のイメージではないですね。きっとシェロン先生のもとで修行されてから一転し、良い意味での変貌を遂げ、開花。今のいっそう輝きが増した彼女が生み出されたわけでしょう。

そのジゼール先生や他のセレブ的インストラクター方はシェロン先生が教えるNY養成学校の卒園生…そう、ヨガジャーナルやヨガインターナショナルなどの雑誌表紙を飾った大人気のインストラクター方を育てた大先生ですから、ジゼール含め、大勢のインストラクターがつめかけるわけで…物凄いVIBEが期待されます。私はジィヴァスタイルも好きですが、ジヴァの皆さんは動物愛護や地球環境保護やサステイナビリティ運動に熱心であり、ヴィーガンライフスタイルを実践されている方が多く…この私はまだまだ修行足らず…とても及びません。中では献身的なアプローチをとる方々が多く…敬意を示さずにはいられませんが、この自分はまだまだです。性格なのか、たるんでいるのか、多分ずっと極端なことは避け、真ん中をゆるーく、ほわーんと行くスタイルをフォローしていくことでしょう。

そしてつねに自分も忘れず労り、ヨガワークショップ以外、ローカルレベルでは様々な癒しを求め、それぞれの分野で活躍される優れた方々に身を任した上で自己プラクティスライフに復帰…のつもりです~

夏から秋に移る季節の節目は特にケアが必要なので、ちょっとでもいいから、ハードではない、スイートヨガを取り入れ、皆様もご自愛をされてくださいませ~実は今週の日曜日の晩、自分のクラスを教えた後(あまり教えているというわけでもなく、単なるコンパニオン?旅連れガイドを務めていると言った程度です…)、自分自身、他のスタジオのヨガクラスに駆け込みセルフチューニング…癒されました。人様に施しているクラスが結局、自分自身必要なセッションなようです。言い換えれば、人並みに悩んだり、つまずいたり、凹んだり、弱ったりしたので…自分のニーズがどういうものか分かるからこそ、他の方々のニーズに答えられるのかもしれません。雑誌の表紙が筋トレなら、やれ筋トレ、鏡に映る二の腕がいや~だからダイエット、ストレス解消にボンヤリバカンスと聞いたから旅支度ではなく、自分それぞれニーズが違い、訴えがあるので、タイムアウトで聞きとってあげてはどうでしょう。衝動的ではなく、じっくり聞き取り、信頼できる先生のクラスを受けるに限ります:)シェロン*ガノン先生ならもうグル、師匠といった威信を築き上げたお方ですので…彼女のオーラを浴びるだけで物凄いエネルギー充電になることは請け合いです。グルとは?闇から輝く光へ連れて行ってくれる恩人、灯りある、善に満ちた道のりをリードして連れっていってくれる人を指します。彼女のイメージそのものですね。

やっとウキウキ、ワクワク!皆様も何でもいいのですから(でも相性に合ったヨガは格別です!)、この、ウキウキ、ワクワク感を損なわないように、ね。

さて、ひつこいようですが、又レビューしてみましょう。

************

ジヴァムクティヨガはニューヨーク生まれのスタイリッシュなヨガ。
国際的に認められている”世界9大ヨガ”のうちのひとつといわれています。
多くのミュージシャンやクリエイティブ派有名人からの支持あり、またヴィーガン(純菜食主義者)が多いのが特徴。プラクティスしている人は、マドンナやスティング、デザイナーのダナ・キャラン、スーパーモデルのクリスティー・ターリントン・・・などシェロン先生自身がミュージシャンなのでアーテイストタイプに好まれるスタイルかもしれません。

ジヴァムクティヨガの5つの基本は、非暴力・献身・瞑想・振動「音楽」・古代教本・スートラの教え、ことにチャンテイングや音楽を目一杯取り上げていることもあり、多くのミュージシャンは、それもあって惹かれるようです。 クリエイティブなエネルギーが沸くように誘導していくのがこの流派なのかもしれません。

ジヴァムクティとは”自己から解放された生き方”とか
”自由を束縛する自己から解放を求め生きる道”という意味。
すべての存在・・・それは、人間・動物・植物といった生物だけでなく、山や川や石など森羅万象の考えに似たもので、皆一つに繋がり、”行動”によって、”思いやり・優しさ”を通して、喜びや悟りへ向かっていこうとすること。こうした古典的なヨガの教えに基づきながら、現代生活での苦しみや悪から、”自己の解放”を目的としています。
ジヴァムクティヨガ法では、毎月の練習テーマに沿ったクラスが世界中のインストラクターによって展開されます。それらは創始者のシャロン・ギャノンとデビッド・ライフのエッセイ ”フォーカスオブザマンス”として、ヨガ哲学を中心に発表され、指導の趣旨としてとりあげられるそうです。
人として生きていく中で、いかに”思いやり・優しさ”を持つのは大切なこととまるで宗教のようにたたきこまれます。そういった”思いやりや優しさ”を重視するヨガレッスンプランだけあって…クラス後はかなりスッキリ。皆輝き、スマイルが絶えない、恍惚の体験…に惹かれ、練習を継続するようになるそうです。

数回だけの感想ですが、ジゼールのクラスはやはり体力的にハードかもしれないのですが、ホットヨガのように滝汗を流すわけでもなく、快い、心地良い、でも汗もたっぷりかく、楽しい激しさではないかと思います。難関ポーズはでてきますが、オールレベルクラスなので、チャレンジする程度で出来なくても全く恥じずこともなく…シェロン女史のクラスが今回受講できなくても彼女のトップ弟子であるジゼール先生のクラスならシリコンバレーにお住まいであるかぎり、手頃に通えるのでお勧めです。陰陽のカタゴリーに分けるのであれば、彼女のクラスはかなり陽…光り輝く太陽のイメージで午前中のパワフルなプラクティスですね。彼女のクラスを午前中にされた場合、バランスを図るにはマッタリ~リラックス、陰系ヨガを午後から夜間に補習されるとパーフェクトなマリアージュ~ 

もうすでに日常生活で陽系エクササイズを取り入れている方々は無理をされる必要はなく、かえって、何かと神経がとがっている方々には、全面ルナ系プラクティスの方が心身共に癒されるかも知れません…色々な流派がありますが、別に、”これっ!”と思う何かが無い場合は自己ブレンドでカスタマイズするとベストでしょうか。それにしても、ジゼール先生のキラキラ光るクラスを受講されるとかなり元気が戻ってくるに違いありません。ヴォイス…、音声からしてサウンドセラピー的な頭に働きかける振動がアピールの一つかと思われます。(すっごく優しく、可愛らしいお方ですね…そして、何よりもユーモアセンスがある点でしょうか、魅力的なのは…)
[PR]
by Ananda-Balasana | 2014-10-12 03:06 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anandababy.exblog.jp/tb/23550763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Certified & Registered Yoga Alliance Instructor:自然治癒力を高めるヘルシーライフ志向*カリフォルニア西海岸ジョイフル人生をCELEBRATE!全米ヨガアライアンスTT200+キッズ&アドバンスR&R認定トレーナー
by Ananda-balasana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
For English Version of this Blog, Click:英語版ブログスタート!
このブログに掲載されている記事、ライティング等、写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。リンクなどはウェルカムです。
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
プライベートレッスン < グ..
at 2018-06-24 10:51
軸をしっかり、ぶれないための..
at 2018-06-22 13:09
ブログジャンル
海外生活
美容・健康