日本人が外に出るとき、BY犬養道子
大掃除中なので、こんな本がでてきました、”日本人が外に出るとき”…ちょっと時代が違うわ~んもー、ジェネレーションギャップを感じません~?とか思いながら…又手にとり読んでみると、うーん。未だに応用可能かも…勿論かなりの時間の流れを感じつつ、もう全く変わってしまった世界時勢、世界地図も国境線も微妙に変わっているのに、なのに、なのに何故?でも私が生まれる前に著述された女史のかなりクラッシックのデビュー作、”お嬢さん放浪記”も読んでみたくなりました。あまりに古く、もう出回ってなさそうですよね。

ところで敬意をはらう本格的な日本のデイプロマットと言えばやはり緒方貞子女史…カリフォルニア、バークレー大学院卒なのですね。もうさかのぼりますが、以前テレビで緒方女史のお話を伺った覚えがあります。たしか、戦後の高度成長を遂げ、日本の生活基準が高くなり、豊かになるにつれ国内の暮らしが居心地良く、この頃の若者は昔のように海外にでて教育を受けようとする意欲や、自分を荒波にさらけ出したり、自分を試したりしなくなりそうで、日本の世界的地位、日本の将来が心配…(又は海外にでてから出たっきりで日本に戻り、日本の為に尽くそうとしない…それは以前の帰国子女受け入れ体制の問題ではないかと思われますが~彼女みたいに優秀な方は例外なのでしょうが疎外感を感じさせる受け入れだと…哀れ)そのような内容だったかと。と言っても結局雇用見通しに関わるので、海外に拠点を置く企業や商社以外の企業がどれだけ国際的な展望をもつかと関係してますよね…ただし、彼女のアセスメント、これって原発事故前のお話だったので、この頃のトレンドはどうなのでしょう。アメリカから見る日本って、小さい島国ながら健気に良く頑張っているな~自己主張の点でジョークでも飛ばしながらプレゼン力がTED的(理性的な説得力で人を説き伏せる、又はとっぴな発想でWOWさせる、律儀がある奴と好感を持たれる、信頼を寄せられる…)にできるようになれば…と、甘い私。人前で話すのは以前仕事で不可欠でしたが、教える、的確な指示を伝えるのもかなり難しいものです。もう、余程伝えたい何かを持っていなければ、好きでなければできないですね。ヨガを教えるにかけて難しいのは期待どうり、各生徒の信頼に答えられるかってとこでしょうか。

昨晩のクラスはちょうどレベル的に合うし(私が生徒です~)、人生観や視野が広く、ユーモアセンスに溢れる、気に入っている講師のもとでプラクティス。4人お子さんを育てあげたオジサマです。フルタイムではかなり高い職務…知られてるある会社の技術管理のトップに立つお方が教えるクラス。プロフィールの写真がロマンスグレーのオジサマなので、きっと彼が教えるクラスとはソフトな優しい、イージークラスと誤解された初クラスらしい中年の叔母様タイプがついていけず、1時間半コースなのに、もう10分ぐらい経過後、ただただ突っ立っていました。それもかなり目立つご様子で…その反対にもう超アドバンスの生徒はお構いなし、グングン突っ走っていて…そういった状況の中、

Q: この講師はどうなさったのでしょうか?
A: 彼女を徹底的に無視。

???

彼は超アドバンスの生徒さんたちを裏切らないよう、超チャレンジングなクラスをぐいぐい展開していき、この叔母様はもう立ち往生というか、突っ立っているか、座り込んでました。前の方にマットの陣地とりされていたので、多分ずっとほったらかしにはできず、結局無視しきれずか、彼女に寄って、もう少ししたらスローダウンするからと一言。(それでも彼女かなりご苦労されてました~)。やはりそういった面でオールレベルのクラスは教えにくいです。全くのビゲナーからアドバンスまで…かなりのレベルの違いが…この叔母様に配慮してもっとスローダウンできたのでしょうが、彼はその他の生徒さんを裏切らないよう、クラスを進行させました。そこが私の弱い所、一人でも出来なく狼狽しかけたお方を目撃すると、居てもたってもいられなく、又平然に教えるのをその方の一種の気迫で妨げられ、その生徒のもとに駆け寄り、そこで出来る範囲のその他のオプションを与えたり、レベルを低くしようとするところが私の未熟なところだと昨晩気がつきました。自分の中でアドバンスの生徒は別に勝手にやっていけるけど、このような困っている生徒はもっとニーズがある…面倒みなければっと言った気持ち。彼と全く対照的なレスポンス。私が間違っていたのでしょうか。心を鬼にし、もう無視するのが…マストなのでしょうか。う~ん、性格を反するので難しい~

あ~今日は少々筋肉痛。私にもチャレンジングでした、昨晩のクラス。これまで稀にしかやらないポーズが~あれー、初めてだわ~私でも、とか。でもこれがいいのですよ、体に。使っていなかった筋肉を久々使った証拠です。気持ちがいい痛みってあるものです。”痛気持ちいい~”はいいけど、”痛~”だけと言った無理はいけません。痛みがあると、かえって筋肉がこわばり、リラックスできないからです。ストレッチは本来気持ちが良くなくっちゃ~マッサージもいいのですが、これも又外からの圧力によってであくまでも人頼り、内面からじっくり体を動かすのとはちょっと得るものが違いますが、時にはうんと受け身になり人任せも、自己宛のご褒美にいいものですね。

明日はまたもや早朝の陰ヨガを教えます~一昨日はイブニングに教えたのでモーニングプラクティスはちょっと勝手が違い、趣を変えてみます~陰でも時々出来ない~といった生徒がおられて…でも特別扱いしないほうがかえって本人のためではないかとか…悩みます~手とり足とりはプライベートでですか。目を背くことはできないし、かと言って、走り寄っていたら他の生徒さんにとってもしかしてフェアではなく、やっぱり彼みたいに温かく無視することでしょうか…さすが4人のお子さんを育て上げたパパエグゼクティブは違う~
[PR]
by Ananda-Balasana | 2013-08-09 13:43 | Beautiful Deeds | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://anandababy.exblog.jp/tb/20833242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Certified & Registered Yoga Alliance Instructor:自然治癒力を高めるヘルシーライフ志向*カリフォルニア西海岸ジョイフル人生をCELEBRATE!全米ヨガアライアンスTT200+キッズ&アドバンスR&R認定トレーナー
by Ananda-balasana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
For English Version of this Blog, Click:英語版ブログスタート!
このブログに掲載されている記事、ライティング等、写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。リンクなどはウェルカムです。
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
プライベートレッスン < グ..
at 2018-06-24 10:51
軸をしっかり、ぶれないための..
at 2018-06-22 13:09
ブログジャンル
海外生活
美容・健康