カテゴリ:Yoga & Health( 74 )
師匠からの伝授を授かる幸せ!
信じられます?ヨガから離れていた7-8年前は無理がたたって限界が来ていたのか、ぎっくり腰で激痛…痛み止めに頼り、色々な物にすがり、時にははいずばって何とかしのぐといったライフスタイルを強いられた、この私が今日に至ってはこのようにリカバー 脊柱をしなやかでありながら強化したのでぶれない軸が… 気持ち良いです!

最初は先生が背後でサポートをしてくださり、やはり解剖学に詳しいのでかなり細かい指示ですが、分かり易く…そして、前に回ってぽんっと、えっ、重くないですか、その5lbだったか10lbだったかの、ずんとサンドバックを的確に乗せてくださいます。それが以外に重たくなく、かえって心地良いのでよね。腰が浮かず、ずんと安定するのですよ。そして、彼女はどれどれっといった感じで数歩後にさがり、まるで壁に飾った絵画が正確に掛かっているか確認するような鋭い目つきでチェック。まわりの生徒さんが寄ってきて写真を撮り始めたときは…お~恥ずかしかったわ。なのでこの2枚はバックから~

BEFORE:
b0223575_293853.jpg

ここではブロックに頼り…腰の具合が不安だったりで思い切りすぐには入れないのです。


AFTER:
b0223575_2101666.jpg

ジュデイス先生の手が加わり安定した土台をつくると…マジック?するとブロックは無しでOK!外人に比べると特に腕が短い私の体型なのですが、ストンと体が曲がり、胸あたりがスッキリし、そして床に平行になるぐらい上体を曲げても全く苦にならないのは…土台がしっかりしているし骨盤や仙骨あたりのアライメントに気を払っているからでしょう… このまま長時間キープしてもぐらつかず、苦にならず骨組み立てたような錯覚だったのですが、やっと体を起こし、反対側もトライ… 柔軟に伸びるは、伸びる… 効きます。気持ちが良いこと。

”Now you don't need that block anymore - try it without and see.
There - there you go!”
そうなのですよ、もう要らないのです、あのブロックさえあれば無理なくできるといった甘えは最初は許されるのですが、徐々に体と相談し、そういった依存の状態から脱皮?強がらず必要に応じて徐々に調整していきます。そういった微妙な進歩が自分で感じとれるってところがチャレンジだけではなく、自分を知る機会を与えてくれるので…自分と向き合う貴重なマイタイムです。たまには自分に寄り添い労わり、リカバーしながら自分と向き合い自分を知る。その自分という者の毎回ちょっと違ったり、変わったり、成長したりするのですよね。

体が頭脳の指令に従い、思いどうりに動くようになると…楽しいですよね!マインド&ボデイーが繋がっていることを実感。
[PR]
by Ananda-Balasana | 2016-10-18 02:13 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
師匠のヨガトレメモリー、2015夏の思い出
先々週のレベル2、アドバンスのテイーチャートレーニングのアシスタント任務を終えホッとしているところです。私は大抵4-5人+いるアシスタントのただ一人なのでどうってことないはずなのに、もうどっと疲れ、倒れかけていたりして情けない状況でして…それが、驚きや~ 先生は付き添いの娘さんを連れ(彼女の娘さんがリードのアシスタントですよね…今月のヨガジェーナルのページを飾る素敵なヨギニです:)週末も働き、そして月曜日に北京に発ったのです!あちらでも招待され教えるとのことで… そろそろ引退するつもりなので、教え子たちに任せ、以前のように私自身教えには、もうあまり海外には行かないつもり、とか言いながら、えっ、中国本土ですか?引退宣言があったようなのですが、数年延期されたようで、今度又涼しいお顔で来年はアイスランドで教えるのよと… 本当にパワフルで、私も彼女のようなグランマになりたいです~

今回も写真撮影を担当したので、またしてもアルバム整理をしていたら昨年の夏のテイーチャートレーニングの写真が発掘(笑)されました!

知る人ぞ知る知名度のジュデイス先生ですが、ヨガ界なら…ですので、テイーチャートレーニングには毎回、かなり遠方からの生徒さんが数人駆けつけくるのが現状です。先週のレベル2では、ベルギーからいらしたお二人のインストラクターが先生によって参加者皆さんから紹介されました。そうなのです。毎回、一番遠方から参加された生徒さんが先生にによってスポットライトがあてられます~生徒さん方全員に紹介され、表彰されます。皆さんの前に呼ばれ遠方から来てくれたその努力を高く評価され、先生の上梓されたいくつかの本の一冊がプレゼントされるのです。

それで、おお!去年はすっごく嬉しかったは、太平洋を渡りわざわざお越しくださった方が故郷日本からだったのです。遠方からの参加を称えられ、本当にありがとう!と私的な解釈ですと、きっと労いと感謝の意が入った先生の表彰の対象になったお方は何と清らかで美しいヨギニ。飾り気ないナチュラルビューティーのベテランヨガ先生とインストラクター兼通訳のお二人はあまりアメリカには存在しないジャパニーズキュートさで目立ってました。アメリカ人のアシスタントの一人が、
SHE’S SO CUTE!とコメント。そうなの~ 雰囲気的にもう女神。カリズマはただものではなく、でも謙虚な物腰、ふんわりとした居心地よさそうなソフトタッチのナチュラル系ヨガウェアに身を包み(こちらですとピチピチフィット過ぎてセクシーさを強調したがり屋さんが多く疲れます。ちょうどあのような優しい肌触りの布地がいいですわ~)、凛としたお方!(そして何てチャーミングなスーパーキュートなお弟子さん、お美しい二人でした。)そうなのです、本格的にヨガに取り組んでおられ、情熱が半端ではない熱意が伝わる先生でらして…日本のヨガ界で活躍されるヨギニも捨てたもんじゃない~何てかっこいいの~と敬意を払いざるえなく。皆様の前で表彰された時は拍手喝采で、海外の日本人として改めて誇りに思いました。日本からのヨガる大和女子は本当にスタイル抜群だけでなく、聡明で…ともかく素敵です。

b0223575_12465796.jpg
  
b0223575_12493438.jpg

b0223575_1341096.jpg


ベテランアシスタントの方はサクラメントのスタジオオーナー。彼女からラテコーヒーの中にエスプレッソが1-2ショット加えられ…パンチが効いてる本格的派芯からコーヒー好きコーヒーをご馳走になりました。うわっ、目が覚めます。グッドモーニング!
b0223575_1334540.jpg


b0223575_12585579.jpg

最終日はアフターにお友達の御宅でお子さん方のバースデーパーテイー兼卒業祝い:)
b0223575_1302499.jpg

昨年の夏はハッピーでした。
b0223575_1322634.jpg


じきに今年のヨガトレ風景をアップしたいと思うものの、このぶんでいくと来年になるかも?ですね。今年はジュデイス先生がグーグル社で教えた体験談などまたまたコンテンツ豊かな1週間でした。
[PR]
by Ananda-Balasana | 2016-09-07 13:07 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
自分は後回し?セルフケアについて。
ティーチャーが今回はスツーデントです、この集中講座…これまたアドバンスレベルのポーズ…元体操選手でない限り(笑)、大抵おっかないのですが、ヨガ用の特別な椅子を使って、整体師の資格ももつベテランジュデイス先生の監視のもとなので、指示とアシストに従ってやっていくと無理なく…
ステップバイステップ… 工程を経て、
b0223575_15152547.jpg

普通ならできないポーズが不思議にできてしまうのですよね…幸いエキスパートの見守る中なので、ケガのリスクを避けながら無理なく達成できるので、皆ホッ。(初心者のおうちヨガでは経験豊かなプロの監視・アシストがないので、もう日常のプラクティスでないかぎりお勧めできません。つねに安全性を見守ってくれる師匠がいるからこそ安心。彼女の場合プラクティスする生徒のその日の脊柱コンデイションを見極めてからのアプローチですので、各生徒によってすることが異なってきます。お一人ではちょっと危険かなと。慎重に経験ある指導者にみてもらうべきです。)

b0223575_15163383.jpg

上のイメージは指導者オンリーのトレーニングからの1-2コマですが、下のイメージはテイーチャートレーニングからなので… 同じく参加者皆さん熱心なのですが、ちょっと違った色でした。さて、どちらにしろ最終日、やった~!
b0223575_11462098.jpg


サマー2015の大先生のTT(テイーチャートレーニング、ヨガ講師トレ)一週間を終え、最後のクラスからの写真ですが… アシストするとステージ上からこれだけの人、人、人と相互プロップスの絶景で圧倒されます。今年は来週から又一週間アシストに仕えます! 今回はアドバンスレベル2のクラスなので多少緊張してますが、この与えられたチャンス… 光栄です。これだけの草分け的存在の先生の背後に居られるだけで(先生のご本が200時間トレの教科書の一冊でしたね~)…かなり頭が冴えてくる気がするのは何故でしょうか?師事させてもらうにあたってカリズマだけでの存在感は勿論ですが、実際にノーハウ―伝授に熱心なヨガ歴45年のジュデイス先生は疲れ知らないお方です。大先生だけあって、さすがです。やはりセルフケアは徹底的らしいそうです。ノンストップで教え、ランチタイムも惜しいようで…教え続ける…そんなパワフルなお方です。我らアシスタントの方がずっと(でもない?笑)若いはずなのですが、たまについていけないほどエネルギーがみなぎっているのは。。。やはり毎日欠かせないヨガプラクティスのおかげなのでしょうね。プラナ(生命力)がパワフルにみなぎっているというか、渋滞なくフローしているのですよね。お孫さんが3,4人と伺ってますが、若い我ら弟子の方がふらふらでシャバーサナでやっと、ホッと一息。リッラクス系ヨガのはずなのに?ヨガワークス…納得。

***

実は告白で…大失敗。東京からこちらに戻った翌日の話…かなりしくじりました。あの日時差ボケで参ってました。ヨガクラスのスタート時間が5時だったのですが、考えられますか?あきれますよね、我ながら、穴があったら入りずっと出てこなくてもすめばと願ったのですが、まさか、大人げない…そういったわけにもいかず…
寝過ごしてしまい(寝たり起きたり虚ろだったり…やっとすやすやの私)、目覚めタイマーも全く聞こえず、スタジオからのパニックコールも全く聞き逃し…携帯もまだ飛行中のモードだったり…
またまだ余裕、数時間あるよねと思ったら、いつの間にか夕方でして。家族はどうしたのか、寝かせてあげようと気を利かせたつもりで留守らしき… キャーと起き上がり…どうして誰も起こしてくれないの~~~うわーん、えっ?もうこんな時間なの~~~キャーまずい~何とか駆けつけ、15分遅刻で教える約束のクラスに到着…そう、15分アフターなのですよね。汗…その間オーナーさんが緊急コールに答え代行していたりして。。。オーマイゴッド(恥)。真っ青?恐る恐るエンター…生徒さん方は幸いチャイルドポーズと前屈で…その間バトンタッチ~生徒さん方が顔を上げ一斉に目を向けられた時ヒャーと怖気づきましたが…さすがオーナーさん、皆様、ご心配ありがとうございました、など、ちょこと前置き、スムーズに退き、なんでもなかったように、その後は任されました。

まあ、すぐ解雇でもおかしくないのですが、土下座の覚悟でオーナーさんにお詫びを…それが、何故か…オーナーさん曰く、これまで一度も遅れたことがないあなたらしくないので、すっごく心配したわ。待っていた生徒さん方皆さん貴方のこと心配していたの。事故にでもあったのかと…連絡がとれなかったので、皆すっごく心配していたのよ。
・・・(何と言っていいのか…謝るしかないですよ~)
おお~なんと寛大でお優しいのでしょうか?改めて…素敵なヨギニとほれぼれ。

と、いったわけで慈悲で許され…その他、今週は何とか4回パブリッククラスを…代行リクエストをお人よしにはい、はいと受けていたら週6回になるところだったので…やはり無理はいけませんね。ハングリーな方は飛びつくのでしょうが…バランスと余裕をもってリードできなければやらない方がましと思っているもので、できる範囲で十分ですね。プライベートクラスはさすが…ちょっとリカバーしてからと思います。と言うのは…

今回かなりハードで参りました。色々あるのですが、精神的にやや凹み…そして、肉体的と言うか、体力的に厳しく…いくら故郷でも、一定の時間が過ぎると再度に置かれた環境に体質的に合う、合わないってあるかなと再認識。聞く話、長い間この居心地良い西海岸の気候に慣れてしまうと、蒸し暑い東京では毛穴がうまくあかないそうで、汗をあまりかかない体質になっていたそうです。そう、あの熱帯的気候の対応がうまく処理できないのは、体がなまってしまっているというか、体質そのものが以前と違うのであろうかと。そこで熱中症とエアコンで具合が悪くなると、やたら水分補給を勧められ、かなりの飲食を。でもうまく代謝できず、体はむくみ…いくらOS3を飲んでもむくむ一方。なんとまあ、コンデイションが悪化。最悪だったのは、何となく胸がむかむかするのですよね。ヨガで鍛えているはずなのに何故とか思う方もおられると思うのですが、それですね。全く毎日のレギュラーヨガをやらなかったのが落とし穴だったと振り返り思います。ファミリーサービスに追われ過労…つい自分は後回しに。これはいかん?

こちらに戻り1週間。時差ボケもやっと治りかけている時点、セルフケアのご褒美を今週はパロアルトのNさんの所でお世話になりました。SOS的に、初めて彼女の脳内エステ+全身氣功セラピーセッションを受けてきました。エステやマッサージは東京でも目につき何度か飛び込もうと思ったのですが、なかなかそういった優雅な時間もなく、そういった切羽詰まった心境の中、Nさんからのサマーキャンペーン案内のメールを頂き、ほっ。心待ちしていたトリートメントでした。自分宛ご褒美で、本当に体が緩み居心地良かったです。ヨガはヨガで違ったすがすがしいスッキリした居心地良さがあり、それは自分で自分を癒すセルフパワーを持つことによって、大丈夫だといった自信にも繋がり心強いものです。でもその反面、時には抵抗なく信頼できる人様の力を借り、どっぷり甘えるのも本当に必要だと思います。違った意味で癒されるのですよね、たまには人さまのタッチに身を任せリリースをすると…ふんわり緩み、残ったこわばりはその後のヨガポーズがもっともっと良くとれるので、ほぼ全面的に凝りやわだかまりが排除できます。それこそ、こういったフェザータッチと特定なスタイルのヨガやヨガ二ドラを融合したら、夢心地でしょう… 

マインドとボデイーは繋がってますが…ライフスタイルを見直さないと、心が置き去りになり、思いがけない不調に見舞われます。ヨガはほぼ毎日のセルフケアにすぎませんが、たまにはご褒美に信頼できる方に身を任せエステでも、マッサージ… 鍼灸治療法などに頼ったりするのが賢明でないのかと思います。あの手、この手でよりパワフルな味方をつけるような感じで、相乗効果が期待できますね:)たまには人に頼り甘え、ゆったり身をゆだね凝りを緩めていくと体が喜ぶのでヨガがさらに向上するのでは…

Nさん、おかげさまですっかり充電でき余裕で明日のクラスを臨みます。
お手当ありがとうございました。
056.gif
[PR]
by Ananda-Balasana | 2016-08-21 13:40 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
ヨガセラピスト?2年コースはきついわ~
宿題がはんぱでなく…埋もれている近頃です。来月は私のプレゼンの番がまわってきます。あ~ストレス。ヨガを習いストレスと戦うとはかなり皮肉なものですね。これまでいかに体と心のことを知らなかったか…我ながら呆れます。ベーシック200時間のららら~基本中基本の資格だけでは到底わからなかったので、やっとじっくり勉強できて嬉しい限りです。ヨガって深いのですよね。毎回のセッションで痛感してます。

人前で教えるっていうのはやはりきっと誰でも緊張するものです。私などグループクラス前はかなり緊張し、心臓バクバク、神経きりきりですが… ある先生のおかげで人様に教えること自体にやっと慣れたというか…この緊張感があるからこそ、毎回初心忘れべからずと肝をすえて教えられるわけでしょう。クラス後毎回感じるすがすがしさや達成感、そして生徒さんの晴れ晴れしたスマイルを目標にモーチベーションを保ちます。それが、それがです。このトレーニングですと、参加者が皆プロのインストラクターなので、皆最低限度200時間のヨガアライアンス認定資格持ちではないですか?中では私なんかと違いもっともっと真剣にヨガをライフワーク、キャリアとして、ヨガで生計を立てているスタジオオーナーさん方やかなりのベテランテイーチャーの方々の中で良い刺激を受けてます。でもそういった方々の前プラス2-3人の講師、たまには医師や整体師の前でのプレゼンなので、汗たら~とかなりの恐怖感をのりこえなければ…30人ぐらいのインストラクターを教えなければならないセッションはもう今から…緊張で凹みそうです。
b0223575_3321473.jpg

b0223575_3355345.jpg

週末はずっとヨガセラピスト集中講座、ワークショップでした。ヨガセラピー又はヨガセラピューテイクスとは?ヨガインストラクターはフィットネスやエステワールドで活躍し、ヨガセラピストとなると医療機関と提携してクライアントのヒーリングパワーを甦えさせるお手伝えいを特殊な個人個人に合ったヨガプログラムを通して提供するといった使命が第一です。トレーニングは念入りで、200時間の資格は勿論、その後500時間か800時間の更なる専門的なトレーニングが必要になります。その目標に向けかなりの時間と労力の投資をその資格獲得にあてているこの頃の私です。何故又私がこのハードなコースを?フィットネスヨガは好きですが、やっぱり楽しいとか、居心地良いっといった境地だけでなく、それを超えたヨガ本来のゴールを追求したいのです。

それは何?ヨガ哲学で説かれているように、ヨガとはこの先、近い将来、遠い将来、必ず待ち伏せる避けられない苦しみをどうにか乗り越えるためのテクニックだったりノーハウだったり…:

ヨガのバイブル、ヨガスートラ (2.16)の一応著者、パタンジェリによると、
克服すべきは 今の執着、そして未来の苦悩をいかに避けるか、それがヨガ。
To be avoided is (heyam) pain or suffering (duḥkham) not yet come (anāgatam)…
いかにもがいても避けられない苦痛や苦労は皆いずれは直面するわけですが、どうやってそれは軽減するか、回避するか…が本命です。となると普通皆が抱く不安とは?頭に浮かぶのが…”私は病気にならない”はちょっと強がりに聞こえ…かえってリアルに、”誰でもいつかは病気にかかる。でも病気になっても希望を捨てない。西洋医学でも東洋医学でもあらゆるメソッドで完治する。自己治癒を強化する。”加齢は自然で当たり前、怖くない。””死ぬのも怖くない。”と言った調子で人間なら皆いつかは抱える不安や恐れに立ち向うことができるように日頃プラクティス。ヨガを通してそういった軸強い、ぶれないパワーをつけたいのです。(夏バテで具合悪くひーひーしていた私が言うのはヨガをさぼっていたからと…痛いほど感じ取りました。はい。反省~)

毎回、テーマがあり、それに沿っての道のりを辿ってきて、今回で半年弱…まだまだです。もうベーシックの解剖学はマスター?したつもりで、今回はRESPIRATORY SYSTEMと言ったわけで日常にアクセスできる呼吸法。又呼吸困難になる喘息持ちの方々や呼吸が浅くお困りの方々を対象とした呼吸法といった特別ニーズの方々対象のヒーリング法、そしてそういったトラブルを避けるための健康の方でも回避するための予防用呼吸法などなどかなりの種類があるのですよね。皆実践し自らの感覚を磨いていくといったエクササイズでした。自律神経失調症などに大きな効き目があるのですが、全くの健康体でも不調を避けるために、より健康意識をたかめるためレギュラーにやっていきたいものです。スッゴイパワーフルな白髪のエレガントな雲の上から下りてらした天女様みたになテイーチャーで彼女のオーラてただものではなく…ヨガテイーチャー歴40年ってわけで…すらっとした鍛えられた体だけでなく精神的な面でやはり違いますね。あの名門カリフォルニア州立バークレー大学で身体に障害がある大半車いすで日常を過ごす不自由な方々にヨガを提供されたりレギュラークラスだけでなく社会奉仕的な活動もされてます。(車いすからおりるのですよ~ボランティア数人によって無理ないヨガポーズで体の部分、部分解していくそうです、まさに快適でしょうね、日常生活で自由に体を伸ばしたことがないような方々にとってはまさに天国。)身体障害者に癒し体験を提供する毎週のクラスの上、全く反対に新米ママとキッズのヨガを教えたりレギュラークラスだったり…活動範囲が半端なくは~と頭が下がりました。マザーテレサみたいな感じですね、ヨギバージョン。

リードされる瞑想は、この頃だれでもできます~リードの台本棒読みってものではなく、ほどばしるのですよね、彼女の心の泉から…湧き出るようなトーク。なので無理なく自然にすっと深ーく入れるのは彼女の澄み切った凛としたヴォイスが適切な誘導トークでもってガイドしてくれるおかげ。やはり山あり谷ありの豊かな人生をヨガに捧げた方からの指導は大らかな、ヴァイブレーションというか、慈悲深い寛容性に満ち…落ち着きます。気合からしてしっかり軸があり、芯が強く…でもつねに謙虚で優しい。しかも体のこわばり、懲りや痛み、肩の力みなど徹底的にヨガプロセスで抜き、ゆるゆる~でもじっくり心身リチャージでスッキリ。体はほぐれ心地良く、けど頭はいやにシャキッと!効きます!!凄い!!!
b0223575_3394534.jpg
これまで2-3回のセッションはアーユルベダだけでなく、実際に医療機関に関わる医師でもあるヨガテイーチャーを迎え徹底的にお勉強。その後は肉体的というかフィジカルなヨガもするのですが、やはり健康メンテナンスは動の陽、静止の陰の要素のバランスで…ベル*バクスター医師は東洋と西洋の医学をブレンドされ、MDであるのは勿論、東洋医学もかなり深く学ばれた鍼灸師でもあり、両方のシスタムを理解した上でヨガのプログラムを組んでいくので安心。こういったドクターヨガテイーチャーって鬼に金棒なのですが、私は実はアーテイストタイプの直観で教えていく、親近感がわく先生も、スピリチュアルな癒しが感じとれ大好きです。時と場合のニーズによってでしょうか。ヨガコースというものは。子育て、介護、仕事などからくるストレス、疲労、体調不良、うつっぽさ、時差ボケ、心配事や不眠に悩まされている場合は安らかなレストラテイブヨガで回復し、しなやかな体を養いたいのであれば、陰ヨガなど、体力、スタミナをつけ、心拍数あげ、筋トレでしたらヴィンヤサヨガでやる気アップ…使い分ければ万能です。

ヨガがごく普通のジムフィットネスと違うのはそのマイドフルネス、呼吸法をとりいれた内面的な浄化効果、精神的な強化でしょうか。最終的には懲りなく、無理なく心地よく瞑想の境地にたどり着けるための計算された手法としてルーツは5000+年前。紀元前古代文明から改善と進化を遂げ継続されてきたすごーい健康法です。中国から伝わった気功や霊気なども定期的に取り入れると相乗効果を得られるのでそちらにもお世話になりながらレギュラーに気長にやっておきたいものです。何よりも笑顔を忘れず、楽しく、ジョイフルにですね。(このドクタージョークなど飛ばして…かなりの知識を惜しみなくシェアしてくださいました。超困難な解剖学のネーミングをまるでシェークスピアではないですけれど、面白おかしく紹介してくださったので、眉間のしわをよせなくてもすみ…フェーシャルヨガっぽく表情豊かに、ニッコリ、あはは~と言った感じで吸収してきました。人体は複雑ですが、基本的にどうやって喜ばせるか…解決法の鍵はセラピカルヨガを徹底的にスタデイーし、このような充実されたカリキュラムを受講してきたセラピストが握ってます。そのセラピストは医療関連のケアとコラボで…西洋医学ではノータッチの大切な部分を穴埋めしていきクライアントのトータルな健康管理のお手伝いをしていきます。そのために他のボデイワーカーやその他のエキスパートを時には紹介していくわけです。チームの一員としての心得ですので、間違っても自分がヒーラーだなど恥ずかしくって言えなくなるものです。あくまでもインテンションは心と自然治癒力を高めるヨガのヒーリングパワーを伝授し、ご自分でも簡単におうちヨガが正しくできるようにその人にあったプロトコールをお教えし…ニーズに合わせアシストします。ヨガはグループクラスで鏡の自分に批判したり、自分を人に比べあれこれ競い合うものではないのです。グループクラスであれば、和を育むような人と人との繋がりを重視し、居心地いい場を心掛けたいものです。

一歩お外に出ると競争社会である再認識…だからこそ、スタジオ内は自分を労わる神聖な空間であって欲しいです。いわばリフレッシュしてリニュアル:)
[PR]
by Ananda-Balasana | 2016-06-29 03:36 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
これが西洋ヨガのパロディー!
お腹を抱え、のけぞって面白いと思うのはインストラクター組だけでしょうか?

UTUBEからです、ここをクリック:)

ブラックユーモアってこれでしょうか?本格的なヨギから見ればコメディー?
それこそ、ガンデイー氏からしてみればやってられないですよね、これがフィットネスヨガ。天国から見下ろし、しょうないな~とか思っているのでしょうか。
これだけ普及されているから誇りに思うのかもですが、やはりやりきれない気持ちだったりして。
ジムのヨガでもインストラクター次第ですので、肉体的だけのものではないとそれを伝えることができれば
素晴らしいのですが、それが人気と結びつくかといえば…???疑問。
皆様ヨガを通して心身共の健康とやはり…美を追求しているのですもの。
人それぞれ無理せず、何か一つでもヨギックなライフスタイルを取り入れるだけでいいのではないでしょうか。

さて、癒しを求め~エコスタジオでは、ゆったりとした万理先生の感化もあり、アロマとヒーリングサウンドの世界です。先日のエピソード…

何故私がインド人にヨガを教えるの~?
いや~、先週の日曜日のクラスにインテリっぽいインド人らしき男子がお見えになり…先日は上品なIT系インド人カップルが…
えっ?
ちょっとちょっと、ヨガってインド人にとって瞑想や祈りのスピリチュラルな世界だったり、日本人の感覚だと綿本先生が説く”柔ら”の物腰だったり、武道みたいな認識でしょうか~
えー、インド人に私が何故ヨガを~~???参ったな~どうしましょ~など自分を問いつつ…本場のお国柄の方々相手では自信がぐらつき、
もう緊張してしまうわ~と思いながらも、しょうがない、まあ自然の流れに任せ、やたら無理しかえって見苦しい特別な事も何もせず、ごくフッツ―のクラス展開。何気なくアフタークラスのお片付け中に、あれっ、彼は壁のところに貼り付きヘッドスタンド、アンテイエイジングです、はい。勿論知ってますよ、と言いたいけど、スマイルでにっこり、”そうそう、アンテイエイジングの効能ばかにできませんよね、はい。”など。
私に向かって、”JOIN ME。” (一緒にどう?)と誘われ…一瞬迷いましたが、実はかなり疲れていたので、アシストかアジェストをオファーしましたが、結局はノータッチ。

数分で気が済んだらしく、その後彼とちょっとお話してみると、やはり、インドからのインド人ですが、こちらでの高学歴持ちで誰でも聞いた事があるようなIT関連社で働いておられるそう…ふむふむ、まあシリコンバレーに多いタイプですね。私が、インド出身であればさぞ本場のヨガを幼い頃からされているのでしょうと、少々もしかして、へりくだってコメントしたら、彼曰く、

とんでもない、とのこと。大してヨガはせずにこれまでやってきたそうな、(特に高学歴エリートは?)どちらかと言えばやたらスポーツですよ。イギリス植民地であった一昔はヨガと言えばちょっと偏ったダサイイメージも多少あったかもらしく。現代になり教養が高いインド人にかぎって、ある意味ヨーロッパやアメリカで発展し展開してきたインターナショナルっぽいヨガの方がかっこよく、違った意味での本場だと思っているインド人の方が多いよ。インドのヨガはまあ、伝統的だけど僧侶と言うか、神職の別世界で僕だってアメリカに留学するまで、全く関係ない階級や世界のものと思っていたよ。伝統的で見直されて学校で子供達に教えを取り入れるけど…まあ僕だって多少サンスクリット語とか読めるけどね。

アメリカでの方がフィットネス的には本格的かもで、以外にもスピリチュラルな面でもかなり知識が深く、僕にとっては勿論自然にすんなりくるので、この頃ヨガをやり始めただけさ。もっと時間があれば健康管理にするんだけど仕事が忙しくて…職場でもジムでヨガクラスもとれるのだけど、やっぱり専門スタジオは落ち着くからいいね。(世界的ブームで流行るヨガを見直したというか、やっと誇りに思えるようになったのですね。これは日本人が国内では気がつかない、興味ないとか無縁な茶道、華道、武道、霊気など日本文化独特な”道”や”禅”など…お坊さんの世界、道場の世界が海外に来るとそれらの伝統的な日本文化が彼らの中では一番人気な面だったりして (アニメ以外)。これまでの西洋文化崇拝にあきれ、初めて自分のネイティブな文化を改めて誇りに思う心境に多少似てません?)

あ~彼の話を聞き同感。ジムのフィットネスヨガよりスタジオは隠れ場的なのかも…特にはここは清潔でお洒落なオーナーのセンスが光るグリーン・環境に優しいエコスタジオ…ふーん、だからヨガトレーニングもインド人がちらちら見えるのですね。インドでヨガ講師のライセンスと言うか証書をとってもアメリカの一流クラブなどでは資格として通用しないし…やはりアメリカでのベーシックの200時間なりアドバンスの500時間なりじっくりと養成スクールでトレーニングをした証書がないとハイエンドスタジオでは相手にされないし…ある話によるとインドではあまりにもグルと名乗るいかがわしいヨガも多いらしく、カリキュラムなどの質管理がいまいちなところもしばしばだそう。流派がしっかりしていないと、外人相手にただ金儲けが目当てで名乗っているいかがわしいヨガスクールも稀ではないそうです。近所のアメリカ人でインドでヨガテイーチャートレをされ(ヒマリア山脈のふもとの道場とか?どこでも紙切れは発行できますか…)、インタナショナル証書をもっておられる方が…未だに通用しないせいかヨガインストラクターとして教える機会があまりないようで…資格といった面ではあまり相手にされず。インドまで行くメリットとして彼女が挙げた理由は、兎も角トレーニング費用がアメリカの相場に比較すると3分の1から半値なので…コストカットのアピールには納得。それに聞こえもいいですよね、インドトレと言えば…ただし、こちらでも知られる伝統ある由緒校以外、アメリカの証書の方が信用ある確かな資格とされ、インド人自身がわざわざサンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルスなのでヨガトレーニングを済ませるとは、実に皮肉なものです。

でもこの逆輸入コンセプト…面白いですね。でも本来これほどヨガが流行るのも、少数人のインド人以外、熱狂的にヨガを愛する欧米人愛好家が普及に努めたおかげでしょう。彼らがわざわざインドに選ばれた師匠を探し求め修行に行き、敬意を示すそういった師匠をイギリスやアメリカに招き、より多くの生徒に歓迎され、その生徒さん方も教え、そして自ら健康的なライフスタイルを伝えるメッセンジャーとなりヨガをより広げたのです。(アイアンガー氏はニューヨークの国連本郡に招かれ1-2時間にわたりヨガのデモをされたすっごい師匠、パタビ*ジョイスはアシュタンガスタイルの産み親みたいに崇められ、彼らお二人の師匠故クリシュナマチャーリアは偉大です~)。  特に英国の植民地であった歴史もあるインドでは、インド人自身、見直される前、貧富の差が大きい中、階級が低い方々にとっては西洋医学の医療費はあまりにも莫大でとてもでなければ利用できず。 一般市民の中では身分が低い者や階級が低い者は最新の西洋医学は手が届かなく、身分が高い裕福な者でないと西洋医学の臨床で利用できない状況だったのかも。そのため、むしろヨガは恥じていたりで少々コンプレックスぽい扱いもあったような時代もあったかもと伺いました。勿論昔はインドの王宮で王子様がアーユルベダやヨガの先生をつけて(現代で言うパーソナルトレーナー、セラピスト)ヘルスメンテを計っていたと注目は浴びてましたが、大抵あちらも西欧医学崇拝で教育熱心な親は子供達に医学や技術・エンジニアの道を勧めたりが王道で、大いに理数系教育が強みの英才教育で育った方々多いようです。そのような背景だったりで、結局欧米からの第一世の生徒さん方の働きかけの貢献が今の世界的ヨガブームを展開させたと言っても過言ではないかもしれません。又今流行りのヨガは古代から伝わったものだけのピュアなものではなく、英国軍隊の基礎トレや西洋体操的な要素が配合されているそうで、古代からのヨガとはちょっと違ったものも、成行き上かなり普及されたそうです。

アメリカ人の教養人にかぎってあらゆる手段で健康管理を計ろうとしているので…一般は肥満率が多いだの、不健康だの、いい加減だの聞きますが、きちんと健康管理に取り組んでおられる方はハンパない気合で取り組まれてます、 補完・代替医療に関して詳しいし 。多国から色々の民族を受け入れる大きな器、坩堝であるからで、表面的にフィットネスレベル低く見えたりですが、これだけのマルチ人種だと教育レベルがまちまちなせいで平均を取るとやや低くみえるだけであり、 見えない階級みたいなのがこのアメリカにもあったりで… かなり学歴重視、メリット制度の中、それらを重視する研究旺盛な方々の中では生き抜くためにヨガは瞑想のプレップ、WARM UPと段々理解されている方がスタジオやプレミアムクラブに来られ、色々なスタイルのヨガを楽しんでおられます。

そんなわけで、そういったクライアントを相手とるとインストラクターにも刺激になり、毎回教えることによって習うこと一杯かと…丸暗記、丸飲み込み、教えを押し込みでは自分本来の姿ではないので、生徒の姿にあおられ、そういったエネルギーがもっともっと自分自身に向上心をたもすモーチーベーションに繋がります。

そして第一にマットの上の自分はマットから離れた自分になった時いかにヨギックな心境を保てられるかでしょう。例えば他人に対してのふるまい、子供に対して、家族に対して、もっともっと安穏をもった、思いやり溢れる心で対応できる自分で居られ、笑顔が自然に顔に…そういった面でセルフケアには欠かせないプラクティスですね。イライラしたり、疲れがたまるときれたりなど、なかなか何事も自分の思いどうりにならないのがこの人生。そういった時かなりのストレスを抱えるのが普通で、それが健康の害に繋がるのですよね。ちょっとやそっとではぶれない軸を保ち、芯から強いけど優しい…そういった理想が叶ってくるのです、日頃のプラクティスで。

日々、楽しく、充実した人生を歩むには心身共に健康でなくては全力発揮できませんし、そういったセルくケアなしでは病が宿る体を招きかねません。精神・心のフィットネスは体のフィットネスに親密に繋がっていて、それが魂本来への里帰り、ホームカミングを促すのです。ヨガは難しいポーズの連続といった偏見は誤解でしょうか。この頃はあまりにも種類が多彩化されたヨガなので、ヨガクラスをとる前に見極めないと、全く合わないクラス…といったこともあります。ヨガの趣旨はポーズの流れで最終的には瞑想に辿り着くためのいわゆる道のりです。まるでハイキングのように、どのコースをとっていくかが違うだけで、最終的に辿り着くのは、ほぐされた体、痛みや懲り、テンションなど軽減された魂が住みやすい体です。それも内面から働きかえることによって、筋肉だけではない、トータルのコンデイショイング。楽になった体が感じ取る解放感が心をよりほぐす引き金になり、平穏を装って無理していたかもの瞑想もより心地よく組めるようになるのです。なので昔はヨガも禅の世界で、僧侶階級の者だけが励んだサイエンスベースの精神と体統合の修行みたいなものです。近頃のアメリカでのヨガも、大半スタジオで練習される方々はヨガ哲学も踏まえているので、それがわかっているのですが、その他では大抵フィットネスの一部、単なるエクササイズと捉える方も多いようです。

ちょっとそれを変えていこうと提案しつつ、総合的なINTEGRATEDされたヨガもちゃんと勉強されおられる方に限って熱心ですので、私も… 体と心に解放感を与え、心地良いブレンドされたスタイルを提供していきたいものです。

体の使い方、養い・ケア方、心の癒し、生活向上法、ストレス軽減法、睡眠改善法、など肉体があるかぎり追求しつつ、兎も角楽しく、ウキウキ、つねに辛さの先にはいい事が待っているといった前向き精神を育まれます。苦労が絶えなくても、何もかも陽と陰のエレメントが一体化していることに気がつけば…自分本来の輝きにを失わず、むしろ磨きが、よりかかるかと思います。中では輝く自分があることも洗脳され見失っているので取り戻せれば…自分がまず変わり、そのうち人生観もポジティブに変わります。ヨガ哲学は古代5000+年、VEDAといった先人の知識であり、人類の宝といっても過言でないかも。あらゆる東洋思想のベースになっているようで勉強していくと深い気ずきが毎度あり、自分の毎日に役立つヒントを得ることが…

5000年以上前から先人の知恵がつまるものから現代のモダンヨガに至るまでのあるゆるテクニーク…昨日の先生によればテクノロジー(流石シリコンバレー)。

ヨガって凄いな~これまでの知恵が皆詰まっている素晴らしい恩恵です。
[PR]
by Ananda-Balasana | 2016-04-26 12:25 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
健康を保とう!セルフケアニーズ
b0223575_12584214.jpg


更新が全く怠って、ほぼ放置気味です。
実はほんの短期だけ事情あり東京にお里帰りをしたりして…忙しくしてましたが…
ご挨拶&近況報告です~~~

こんなタイミングですが、ハッピーニューイア~!
新春の喜びをお伝え致します。
去年は実は喪中であまりハッピーではなく、多少辛かったのですが、人生、山あり谷ありでして…
おかげで本来一体全体何が自分にとって一番貴重なのかが明確になりました。
その他のどうでもいいことは…どうでもいいのです。

今年は色々な学びとシェアリングの年であればと思ってます。おかげさまで、ここ数年本格的にもっと教えたり、習ったりのヨガライフですが、今年の課題はよりマット上に得る安穏をマット外にもっていこうとするものです。又初心に戻り、以前から関心を寄せていたヨガセラピーの勉強に取り組み中です。プロの証書を得るまで2年ぐらいかかるので…道は長し。近頃たった200時間のヨガトレ―ニングで通常のヨガを教えるといった資格が得られるわけですが、経験を豊かに積んだヨガインストラクターでないと…ただフィットネスクラブやヨガ初心者向けで通用するのですが、本格的なスタジオではまだまだ青いわけです。ここ数年そういったところで一応シェアリングをする機会に恵まれ悟りました。結局ヨガクラスのアフターにそれぞれの不調を訴えてきて結局個人的なセッションが必要な場合が多いわけです。そういった場で本当に価値あるセッションでご奉仕したいのです。

何のためにヨガを教えようと思ったのであろうか?ただのエクササイズ、フィットネスではないのですよね。私にとって。結局は人々が抱える多数の不調をヨガを通して軽減、あるいは直すため…レメデイーを提供するためです。

外見のルックスだの、ダイエットして減量、又はお肌の手入れなど…それより前に内面的に調子が良ければオールマイティで勿論外見が良くなるのが当たり前なので…体調がすこぶる良ければ、それなりに自然にお肌のくすみや、冷え、むくみなど改善していくわけです。内面的に心身共にヘルシーであれば外見的にも美を、輝く光を放つ人になるわけです。根本的に体幹をしなやかに克タフに…多少なことにぶれないけど感性は研ぎ澄まされたクリアな度合いに…人生苦しいこともあれば反対に楽しいこともあり、バランスを崩さないように…生きていきましょう:)

と言ったわけで、今年は週3-4回のレギュラークラスで十分といった感じでしょうか。自己のエネルギー管理を通して自分を磨きより微力ながら、いくらか役立つ人間になれれば…嬉しいです。まずは身近の家族のお世話からがお決まりですが…その後を考えて道のりコースを試行錯誤。もうこ新年に入って数週間になりますので、すでにかなりグランデイングしてますがさらなる成長はまだまだです。

それにしても、このヨガセラピー800時間コースはかなりハード。険しい道のりですが、仲間がいるし、非常に良い師に恵まれているため…こういったかなり時間を束縛する修行を可能にしてくれた家族に対しての感謝の気持ちで一杯です。けっして無駄にはしたくない知識とノーハウが凝縮されたトレーニングコース。もっと身をいれ、心を入れ替え、フォーカスしますので…より成長してもっともっと良いクラス構成を考えて行きます。我ながらワクワクしているのでそれが共有できるほどの成長を遂げることができれば…ありがたいです。



b0223575_1258180.jpg

[PR]
by Ananda-Balasana | 2016-03-01 01:23 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
お気に入りヨギニリーディング
お気に入りにリストアップするつもりですが…
彼女のブログが面白くって愛読させてもらってます。

似たような考えで私も特に誘いません。あっ、ウソ、たまに誘います。それは試せば絶対治る不調は治ると確信を持っているからです。思い込みではなく、確信です。そう、自分に対して持つ自信ではなく、ヨガといった5000年プラス受け継がれた医学的にも立証されているテクニックが効くと信じている自信…自分にではなく、ヨガに信頼を寄せているからです。勿論どういった流派でとか、解釈の仕方で伝え方、教え方が違ってくるようですが… (又この頃インストラクターがたった200時間のライセンスだけで教えているってことは不思議ですが…もっと深いので良い先生を選びたいですよね。)

ただ大抵友達だったりすると私と対照的に多くの美徳が備わった方々多く…そう、義理堅そうな方が多くかえって誘いにくいし、断りにくい状況に置かれている方を無理に来させるような感じでは困ります。誘わなくても本当に習いたい、心から親しみをもってくださっているのであれば、誘わなくても先方から来てくれるのであろうと勝手に思い込んでる節があり、甘い考えなのかもしれませんね。私だったらそうするのですが…大抵友達から誘われたらサポート、応援に一度はトライするものです。継続していくかは分かりませんが、友達とはサポートに駆けつけると思うものの…

そういった点でクラブでおけるグループクラスが楽です。もう既に設定されているので、ただ時間通りに各々現れクラスを進行させればいいので、教える立場としても私の理想でしょうか。前もってのメールのお誘いやマーケティング、ご料金のうんぬんはもう自分の領地でなく、クラブやスタジオが受け持ってくれるので、楽。教えることに集中できて助かります。強がっているわけではなく、教えていると言うことに関してはやっと自分のためではなく、人様のための奉仕と思える心掛けにたどり着いたこの頃…皆心の潤いを取り戻し、あのジョイフルな幸福感を感じてもらえたらな、共有できたらなと心から思います。好きな人はもっと幸せになってもらいたいし、体や心の不調を訴えている人を聞くと…あ~あれこれスタイルのこういったプロセスのヨガをされたらもう悩まされなくなるのに…と医学的に立証されているセレピカルヨガを勧めたくなります。ふと周りを見回すと素晴らしいインストラクターだらけなので別に”私”の指導でなくてもいいし…そちらを勧めたり(するとキツイスタジオオーナーさんだったりすると、貴方は自信がないの!とか批判されたり叱られてり…閉口しますわ…まあビジネス観点からですと愚かだとはわかっているのですが…)ただ勿論来てくれれば、多少照れくさくても、特別扱いではないですが、ありがたいとは思うもので多少はりきっちゃうわけです:)

時折お子さんを連れてくるお母様とか、ボーイフレンドを連れてくる女子、ご家族全員、又はご夫婦単位で寄ってくださるような生徒さん方は空気がいっそう温かくなるので大歓迎です。それも自然現象でそういった集まりが起こればいいと思っていて無理に力み仕向けません。ただし時々不機嫌な表情のお子さん、見るからに無理強いに来させられたと顔にありありな子がセッションアフターに挨拶に寄ってきて、握手したり、サンキューとスマイル…見違えるほどスッキリした表情だと、こちらも笑顔です。

お子さんですが、この激しい競争社会…思春期に入ると色々なストレスを抱えるものです。誰でも気軽に手軽に出来るヨガを時折とりいれて笑顔をとりもどしてもらいたいです。まったり、ゆったり、居心地いい、気持ちいいりッラックスヨガでリフレッシュ後、またまた輝いてくれます。やれ筋トレだ、特訓だ、修行だとバシバシ鍛えるだけではなく、たまには気を抜き、脱力…誰でも充電タイムが必要ですよね。体を労わり、心を潤すことによって自発的治癒力が…身に付きます。フォーカスしながら、心身共に休息を与えると、そうすることによって免疫力を強め、集中力を高めます。

スティーブ”・ジョブズの影響か、瞑想とは学問的だけでないあらゆる能力発揮に結びつき、知能を高めることで知られてます。ここシリコンバレーだからこそ…インド、中国、エジプトとかあらゆる先人の知恵で知れ渡る文化からの方々が集中している地なので、よけい日本文化独特の良さ、素晴らしさを織り込んだ古代から伝わる日本独特のアニミズムみたいなセンスと”奥ゆかしさ"?をヨガを通してできれば伝えられたらなどと思いながら試行錯誤かも…
b0223575_13485830.jpg


このクラス後、どのポーズが一番好きだったと感想を聞いてみたら…これ、これ。
最初に極めたカッコイイ英雄のポーズとか勇ましい答えを期待していたので、えっ?ちょっと意外。
何故と聞いてみたら…う~ん、体が軽くなり、ぽっかり浮いているみたいで居心地よかったから…あ~自分も童心に戻って思い出したのです、あのぷかぷか流れに任せ浮いている居心地良さですよね。もう何もかも安心して任せたよ~といったSECUREな、確実に安全なフィーリングですよね。そういった完全な安心感てなかなか保てない社会に置かれ、つねに生存競争的なプレッシャーを抱えているのかも。そこでファイト精神で燃える根性ある子もいれば、もっと繊細なお子さんも居る訳です。どちらも将来必要とされる有望なプロミス、ホープなのですよね。

そうなのです。ちょっとした工夫を凝らしたヨガクラス、ワンセションんだけでも絶えず護衛で閉ざされていた心の扉が素直に開き、これまでシャットアウトされていた光がサッと隅々まで届きわたるのですよね。又無心の笑顔が宿るように…色々な面で復活するようなヨガで我々本来のエッセンスをRESTOREしてもらいたいものです。だからリストラテイブヨガが好きなのです。どんな状況に置かれても、本来のジョイフルな自分を取り戻せるから…
[PR]
by Ananda-Balasana | 2015-11-25 14:00 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
憧れ師匠のヨガトレ アシスト!
今週は毎朝のサンフランシスコのスタジオ…通勤?に飛び出す私を見ては寂しそうなお蜜ちゃん。ごめんね~戻ってきたらお散歩連れていくね。でも、今週はちょっと堪忍して~大勢の生徒さんが押し寄せてくるとのこと。
b0223575_12352117.jpg


サンフランシスコの大手スタジオ、ヨガツリーにて(ヨガツリーもつい最近ヨガワークスに買収され、実はヨガワークスなのですが、看板ネームも変えず、そのまま元オーナー経営で継続されるそうです…今のところの話)ヨガトレ一週間コースのアシスタント。アシスタントチームの一人と言った方が正しいですね。さて師事させていただいている先生はアメリカヨガ界では草分け的存在。彼女のレクチャーは毎回新鮮で話題が豊富なため、毎回頭が活性化され、かなり面白いです。(又ユーモアたっぷりの先生なので、よけいジョーク含め、再度なのに全くフレッシュ、さらにアップデートされ、リピートって感じがしないのは、私が忘れっぽいせい?兎も角、又学ばせていただいてますーただし、今回は授業料タダの代わり、アシスタント~ただより怖いものはない?ノーコメントです、笑:)

ヨガはフィットネスやエステだけにしてしまうのは、勿体無い…むしろ、トータルプランの健康法と受け止めているのですが…筋トレの要素に惹かれる方もおられると思うので…そういった方々対象に今週のWSでちょっと触れたトッピクスは体格について。

ご存じですか?筋トレと言うか、ボデイービルディングの世界では体格は三つのタイプに分けられ、タイプ別に筋肉の鍛え方もそれぞれ違ったメソッドだそうです。(アユ―ルベダの世界でも大まか三つのドーシャに分け、この場合体格だけではなく、体質・性格別なのですが、兎も角、ヨガの世界でも実は三つにタイプ別するのでちょっとこの”3”ってところが共通点でしょうか…やはり我々、3つ以上に分けると多少混乱するので(血液型、星座占い、等々)、きっぱりシンプルに、大雑把ですが、色々のコンビの組み合わせで微妙に当てはまるのです~) まずは我を知れですよね。そらからトレーニングプログラムを組んでいくといった工程…ヨガもプロセスがあるので、グループクラスでは無理ですが、信頼するトレーナーとならユニークな自分だけのシークエンスが組めて、自分の進歩がより良くわかるそうです。まさにヨガセラピーの世界ですね。さて、ボデイービルの世界では、下記のタイプによってプログラムをカスタマイズするので、多少似てます、ヨガトレに。


ENDOMORPH(エンドモーフ)タイプとは?中くらいから大きめの型。

生まれつき新陳代謝が比較的ゆるやかなせいで、
脂肪がつきやすく(食べ物を見たり、匂いを嗅いだだけで太るという人はこのタイプ)、
食事に気をつけ、規則的に運動をしなければいけない。


ECTOMORPH (エクトモーフ) タイプとは?ほっそりで骨組みが小さい。
生まれつき新陳代謝が速いせいでいくら食べても太らない。
みんなが羨ましがる体質なのですが、その代わり筋肉をつけるには一苦労する。


MESOMORPH (メソモーフ)タイプとは? 中くらいから大きめの型。
若干、筋肉がつきやすく、アスリート向き。規則的に運動をしたり、トレーニング次第で、
大抵結果が速く、そして理想的に現れる。ナイス!

さて、こういったボデイータイプを知ったうえで、決まってくるのですよね。何に、どういったヨガスタイルが合うかなど…

ご自分のタイプが知りたい方はこのテストはいかがでしょうか?

自分を知るためのかなり、表面的なツールですが、まずは体からスタートし、徐々にマインドへ、心身ともの繋がりを築き、スピリチュアルな境地にいずれはたどり着けるよう、何事も感じ取るように…筋トレも一つの基礎準備でしょうか。

今週はアメリカでのヨガ界の師匠の御一人を師事しアシストを務めさせてますが、何と、レクチャーのこういったことにも触れるので、さすがヨガ講師歴40+年の超ベテラン…解剖学に詳しい先生だけあって…体の仕組みがよりクリアに分かってきました。

先生の著者された本はヨガトレではよく教科書として普及されているので…観察力を例えるとすると、肉眼でというよりは、脳裏からレーザー光線で目の前の生徒さんの体内まで隅々と見えているのですね、ジュデイス先生には…

先生の御本は日本語にも訳されてますので、同じように体の構造にご関心がある方向きですね。
お勉強好きの方なら、どうぞ !!!

b0223575_1237229.jpg

[PR]
by Ananda-Balasana | 2015-07-24 09:12 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
エコスタジオはここ!
サンフランシスコ空港から南方10分もしないタウンの線路沿いにひっそりたたずむエコスタジオ…その名はナンディ―…何でナンディー?それは次回お伝えしますね。
b0223575_14401463.jpg

あまり告知板を見てなかったので、えっ、サプライズ。気が付かずスミマセンでした。
ご親切なメッセージありがとうございます。素敵なのは貴方です~ゆるゆる~と懲り解し~に又遊びにお越しくださいませね。筋トレはどこでも、どこかのジムで提供されてるので~ここはヨガ専門なのでヨガ一点張り…でもビゲナーでも不調な方でも、何方でも安心して寄れるところです。私にとって、これまであらゆる環境から比較して、フレンドリーさと清潔なのが気に入ってますので…これからもどうぞ宜しくお願いします。056.gif
b0223575_14413646.jpg


以前は雨にも負けず風にも負けず(苦笑)公園などで青空ヨガサークルを少々指導 ? リード ? させていただいた走りだしの頃もありましたが(今も走りっぱなし?)、芝生上ピクニック気分でウキウキ楽しいものの、あの紫外線…空を仰ぐハートオープンポーズには陽射しが眩しいこと、シャバサナでは皆さん顔を覆ったりで…やはりお顔のお肌のケアって神経つかいますね。野外でされるのであれば、素敵な木陰を探してリラックスされてください~やはりカリフォルニアの紫外線は曇り日でもしみやそばかすなどダメージのもと…サンスクリーン、サンブロックを念入りに~~~~余計なお世話ですが、以前からの体験者は語るです。それもあってやはりスタジオの室内は落ち着けて、心地よいです~~~やはり精神的にリラックスしているけど、意識的に凛とした空気が好きなのです。
[PR]
by Ananda-Balasana | 2015-05-10 09:07 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
アユールベダ基礎をこれからシェア
皆様ビジュアルなので、かえって写真だけの投稿更新の方が受けるとは思うものの、未だにアップできず、次回フォローしま~す。東京里帰りから戻りまだ数日しかたっていないのですが、一日置いてクラスの指導にあたり、時差ボケで余計ボケボケの中、何とかクリア。来週からちょっとクリエイティブなシークレンスに切り替えるつもりですが、今週はあまりいじらず、依然どうりを維持。

近頃周りに色々な不調でお悩みの方々がおられるので…こんなことを思います。

様々な専門家のアドバイスを得て、様々な健康法や美容法を試されるのは良いのかもしれませんが、最終的には人任せでは治らないと言うことでしょう。勿論エキスパートの力を借りることは賢いのですが、自分に備わっている治癒力もばかにできません。レギュラーにルーティンに継続すれば、人によっては、薬を服用するよりは時間やある程度の忍耐がかかるものの、あらゆる症状は実は自力で治せるのです。それが腰痛であったり、肩こりであったり、頭痛持ちのあなただったり…自分の持つヒーリングパワーを信じてもらいたいです。又ヨガ、ヨーガもあまりストイックな心構えではなく、ゆったりのんびりの方がかえって効くということです。あらゆる軽い不調は大半ストレスと運動不足によることが多いのですが、自分でも体験したので…肝の銘じてます、無理をしないこと。休息がいかに大事であること。

頑張ることはいいことではあるのですが、最終的に一番大切なのは、自分で自分をいたわることです。アスリートとしてコンペで競技的なレベルでないかぎり、運動はあくまでも、自分をいたわりながら…がベストです。
なにも”鍛える””鞭を打つ”…修行するとかではなく、適度な引き締め筋トレも大事ですが、伸び伸びストレッチやゆるり~リラックスをとりいれないと神経がいっそう乱れ、精神的なデメリットもあり、頑張って成し遂げた運動もかえって逆効果になる可能性もあり、その上あらゆる不安が引き金のストレスによって治るはずの症状も治らなくなるものです。

私たちは幼いころから親や学校・教師に厳しく訓練されてきたのです。いかに頑張ること、チャレンジすること、無理してでもやり遂げることが褒めたたえる行動であると…その達成感がかけがえもないことと…でももう幼くないのです。そのようなステージはとっくに過ぎ、今の自分に必要なのは?改めて考えてみれば答えがでてくるでしょう。あまり頑張りすぎないで、自分を少々称賛し、いたわりながら、楽しく、まるで踊りのようなヨガを継続すると面白いほど不調が即解消するものです。

ヨガスタイルも見直し、時と場合、体のコンデイションによって、一番合う方法を選択するとあらゆる体や神経の乱れが改善されます。そこでヨガのシスターサイエンスと言われるアユールベダ健康法を勉強してますが、このような東洋医学を取り入れると余計生活が豊かになり、毒素が浄化され、さらに、体内からの潤いパワーが感じ取れるようになるでしょう。相変わらず、時間の合間を縫って、気まぐれなちょこちょこですが、次回から少々触れていきたいと思います。
[PR]
by Ananda-Balasana | 2015-02-12 02:46 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
  
Certified & Registered Yoga Alliance Instructor:自然治癒力を高めるヘルシーライフ志向*カリフォルニア西海岸ジョイフル人生をCELEBRATE!全米ヨガアライアンスTT200+キッズ&アドバンスR&R認定トレーナー
by Ananda-balasana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
For English Version of this Blog, Click:英語版ブログスタート!
このブログに掲載されている記事、ライティング等、写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。リンクなどはウェルカムです。
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
アメリカでのパン事情…第2弾
at 2016-12-16 13:45
アメリカでのパン事情
at 2016-10-22 14:56
ブログジャンル
海外生活
美容・健康
画像一覧