日本向けお土産に悩む~
今年の夏、できれば母に会いに日本帰国をアレンジしたく、航空会社に問い合わせ中だったりのこの頃です。そこで次に思い浮かぶアイタムと言えば…あっ、そうそう…

夏休み、カリフォルニアから日本に帰省される方々にとってのお悩みは…お土産ではなかろうかと思います。長年アイデア不足でいつも定番のSee's Chocolate か ドライフルーツ、トレジョグッズ、カリフォルニアワインだったのですが…この頃それも考え直し中なのが…(1)親戚の冷蔵庫を開けたら1年前程前(!)に送ったSEE’Sチョコが未だに冷蔵庫に保管されてまして、ばつが悪そうに彼女…夏場あまりチョコ食べないのよね…(2)ピーツコーヒーをお持ちしたのですが…コーヒーを控えるようになったとのことの従妹でした。今や紅茶党だったりして…う、うう (3)え~あのカリフォルニアワイン六本木や広尾のワインショップで容易く買えるの~なーんだ、何故私が苦労してカリフォルニアからフーフーかついできたのでしょう~(苦笑)…といったわけでいつもニアミスではなく、ミス、ミスで命中当たりは数少なく…もう誰にも全く期待されず…それが、それがです~やっと解決しました!

まるで新発見のように思いきや、さすがローカルブロガーの目にもうすでに(と言うか、それも大昔から…)ついていたのですよね。ベイエリア情報源って色々ありますが、この方のブログは詳しくって充実してます。(私はヨガに偏ってますので~情報源のつもりではなく、ただただJOYをシェア?…まあ冷やかしに時より寄ってはいかに更新されてないか、この気まぐれぶりを確認されたり?笑)

軽く、コンパクトのギフトボックスでかさばらなく、手頃のお値段で良質、デザインがイタリアンでセンス良く、あまり甘過ぎないところが日本人の好み…そして食感がただのソフトではなく、カリッと香ばしいこと。ラスクなど流行ってましたが、これも程よいカリカリ感が嬉しく、イタリアン系ですもの、チョコ系はカフェラテ、カブチーノとバッチリよく合うこと…そしてフルーティーな柑橘系、レモンホワイトチョコなら紅茶でも相性良し。ありがたいのがラベルにちゃんと"Redwood City"にてと産地が示されていることにメリットが。レッドウッドはシコアに並んでカリフォルニアを象徴する…太古からの尊き大樹… 何もかも工場で作られるのが普通のこの頃…そこがここは実際にシリコンバレー内、行きつけるベーカリーなので…生産者の顔が目の前…アンパンマンパン工房のジャムおじさんじゃないですけど(古い?笑)、本当にオーナーでビスコッティ職人のイタリアおじさんが笑顔で迎えてくれるのです。工場からではなく、彼の古き良き、オールドファッションのパン工房からですから信頼でき安心。ここからのビスコッティ…そしてアーモンドのタルドは一押し。アーモンドタルトは小麦粉アレルギーの方でも大丈夫なグルテンフリー、アーモンド粉だけで焼き上げているそうで、小麦粉とは違った香ばしさ!甘さ加減も激甘ではなく、シュガーレスコーヒー、紅茶と相性良く、アメリカにしてはやはりヨーロッパ調の甘さ程々でありがたいです。ギフト用の箱詰め、ギフト用のギフト袋なども洒落ていて…サンフランシスコがいかに古くからイタリア移住民から代々成り立ってきたのかのストーリーも語っているようで…オールドサンフランシスコ調が少々レトロでほっこり。ヴィーガンとかグルテンフリーなどの区別もその言葉もなかった昔のイタリアのお味…アレルギーの持病など特に患っておられるわけではないのなら、たま~には本物の伝統あるスイーツも感謝を込めて笑顔で頂くのであれば、決して体の害にはなりません。

ダークチョコオレンジビスコッティをカプチーノにほんの少しデップし…ちょっと一息つくアフタヌーン…大昔訪れたフィレンツェカフェー気取りで…ホッとするサクサク感を楽しんだり…安物のそこらへんのイタリアンスイーツと違い、本物のお味で自然に笑顔がお茶を共にする方々のお顔に宿ってきます。053.gif 先日東京の母からも、あのビスコッティ、Mさんの手作りみたいで美味しかったわとコメント(実はビスコッティは彼女のお友達、Mさんが焼くので譲ってもらったレシピを私は一応託されているのですが、結局一回も作ったことがなく…親不孝者です、私…)

b0223575_12521917.jpg
b0223575_1251548.jpg


ところでビスコッティは持ちが良いのでお土産向けですが、ここの土曜日限定スペシャルメニューに惹かれます。キノコのファコチャ…ワインに合いますね。個人的にサラダ、熱々マッシュルームとスイスチャードファコチャ…と美味しい赤ワインが(ワイン通なら程よく冷えた白ワインですが~)あれば土曜日の晩はご機嫌です。至ってシンプルな私。064.gifそこら辺のピザとは違うのです、このファコチャ…お野菜たっぷりで(さらに足し加えても良し)嬉しいです~

又日曜日の朝食にナポレオンの生地の菓子パン…我が家はパンの皮が厚い噛みごたえあるハードパン好きで自家製アーディザンブレッドが多いため、こういったリッチな中身のシェル包みの生地はどうなのでしょう~シェルのひだがデリケートでちょっと見た目が美しい線ですね…トライするかいありそうな人気商品だそうです。個人的にカルーア・コーヒーリキュール洋酒が入っているチョコのカンノーロ…もの凄くリッチそうですが一口試食してみたいです。カンノーロでカルーア洋酒とは聞いたことがなく、かなりユニークだと思われます。どれだけ甘いのか気になりますが、本物のイタリアンなら控えめであろうかと?アメリカ人相手の復活祭パーテイーなどで受けそうですが…どなたかトライされた方おられますか?又今さっき気がついたのですが、このパンプキンのカンノーロ…感謝祭に喜ばれそうですね。ミニサイズの方が嬉しいのですが、最低50個からの注文でなければ受け付けないとのこと~(まさか)でも好みのミニサイズ。数家族合わせてオーダーすれば解決しますが…どなたか試してみたい方おられないかしら…ミニサイズの方が頂きやすそうですが…こちらのお祝い事などの行事にうってつけ。

ご参考にどうぞ~ ホームページの動画でオーナーさんが隠し味にエッセンシャルオイルを使用しているとのこと…どうりでそれで納得。シトラスの香りが良いのです~オレンジやレモンなどの柑橘系のほのかな香りが…それは香ばしく、美味しさを引き立てます。
[PR]
by Ananda-Balasana | 2015-04-21 12:53 | Eats  | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anandababy.exblog.jp/tb/22362210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Certified & Registered Yoga Alliance Instructor:自然治癒力を高めるヘルシーライフ志向*カリフォルニア西海岸ジョイフル人生をCELEBRATE!全米ヨガアライアンスTT200+キッズ&アドバンスR&R認定トレーナー
by Ananda-balasana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
For English Version of this Blog, Click:英語版ブログスタート!
このブログに掲載されている記事、ライティング等、写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。リンクなどはウェルカムです。
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
アメリカでのパン事情…第2弾
at 2016-12-16 13:45
アメリカでのパン事情
at 2016-10-22 14:56
ブログジャンル
海外生活
美容・健康
画像一覧