MacYoga? マックヨガとけなされても屈辱ではないと笑いとばすビクラム
マクドナルドのジャンクフード王、マックバーガーにちなんで、彼のヨガを”マックヨガ”、そして創立者の彼を”マックヨギ”とけなされても(アメリカでヨガるようなヘルシー志向の方々はジャンクフードと見なされているマクドナルドは一切口にしません)本人は一向侮辱ではなく、一向にお構いなし… ”マイヨガ”が猛烈にポピュラーって証拠さ、ガハハと豪快に笑い飛ばす、ビクラム氏。多くから支持を絶えず保つ、もの凄いカリズマの持ち主。

最近まったくアメリカ社会、又世界的なヨガのステータスを知らず、ヨガを誤解されている中年の日本女性と接しジレンマを感じてしまったので(あの~心の平穏はどうなってしまったのでしょう?修行足りず…)言わせてください。

文化の違いなのか、なんなのか?アメリカでのヨガがパワフルなカリズマを持つ一人の男の手にかかると、もうアメリカンドリーム カム ツルー、資本主義のご見本的存在、それこそジョークではなく、マクドナルド風のフランチャイズ方式でスタジオネットワークは広まり、ロサンゼルスのメインスタジオに女優、俳優、モデル、文豪、ジャーナリスト・ライター、ミュージシャン、エグゼや資産家は来るわ、来るわ~ご本人はべバリーヒルズの豪邸を構え、その数々の車庫にはスポーツカーなど高級車のコレクション。億万長者までのし上げ(その事自体良し悪しのジャッジメント無し)、ホットヨガブームを引き起こすに至るのに、日本では同じインドから輸入されたヨガはカルズマはカリズマでも間違った暗~く、思考・モラル異常な腹黒い男の手で悪利用され、恐ろしい方面にもっていかれカルト、テロ組織にとといった悲劇的な結末に(お友達のお父様があのサリン事件の地下鉄に乗ってらして、5分ぐらいの駅違いで、巻き込まれる一歩手前で、命をまぬがれましたが。。。でもそのお友達も最近ヨガをストレス解消にはじめようかしらだどといい始めたので、多分もうわかっているようですね。。。ああいった極端な邪道なものはヨガではなく、全く解釈が間違っていることに)本性のヨガは善と美と健康、そして人と自然との繋がりをより深く追求するメソッドかと。

かっこよいスポーツ系パワーヨガだったり、癒し系のセラピーヨガだったり、踊りのようなフローヨガであったり、誰でもストレス解消法と認めるアメリカのヨガに比べて、もしかして、ちょっと怪しいかもといった偏見があったりの日本人が。。。ひょっとして、もうほんの少数ですが、時にはおられるような模様。。。暴力は絶対許されない行為、愛と平和をモットーとするヨガの教えからまったくかけ離れてます。武装化をマスクするため、宗教を名にした独裁者。NHKのドキュメンタリー解明によると自己権力を宗教の名を借り絶対的な位置付けにもっていくための、単なるツール、道具に使ったとのこと。自分のパワーベースを固めるため、悪を正当化するために利用。専門家の録音されたテープの分析によるとヒンディー教だけでなく、聖書、仏教などもかなり頻繁に引用し、やたらに仏や神の名をひっばりだしてきては、部下を服従させるための説得テクニーク。結局自己のエゴ、思想に従わせ支配力を絶対的にするための策略。おかげでヨガのイメージはかなりダメージを受け、真剣にパッションと誠意をもってヨガに取り組んでおられる方々にはとんだ災難だったのではないかと思われます。

このコントラストの背景に思いつくのは、西洋では教会にかよう、特にクリスチャンをはじめにパワーフルに団結されたヘブライ教コミュニティーや、そこでもトーラや聖書に基ずいた宗教がベースにあるといったことでしょうか。子供の頃から聖書に基ずいた宗教・スピラチュラルの基本教育を受けている大半にはヨガを宗教の部類に入れるのはとんでもなく。。。それほど信仰深い方々でなくても区別が。。。もう息ずく信仰が基本的にあるため、彼らには最初から誤解の余地がまったくないのでしょうか。ヒンディー教には数々の神話がありますか、まるでギリシャ神話と同じようなおとぎ話の扱いで(実際そうなので)、神話を現実とごっちゃまぜするようなことは笑いの対象になるだけです。神話って古代の方々の創造力を豊かに反映した素敵なおとぎ話ではないですか?私達の浦島太郎やかぐや姫みたいな想像の世界です。人に夢や希望,
あるいは何らかの教訓を与えるためで、脅えかすためのものではないですよね。

明確なのが、ヨガはあくまでも宗教ではないということでしょう。実はアメリカでもクリスチャンのハードコアの信者はヨガを拒絶するのは、ヒンディーの宗教と見なしているからと聞きました。辿ってみると自己尊の哲学であり、人間同士と自然との繋がりを重視する、清らかでスピラチュラルなものであり、健康維持法、フィットネスのサイエンス、中ではアートとしても親しまれているのです。極めていくと、感謝の気持ちや人間同士の繋がりの有難さなど、気がつかなかったり、否定していたりしていた感受性が育まれ、毎日が一層ハッピーになります。自己それぞれの解釈にもよりますが、宗教や奇妙なカルトでもまったくないのです。スタジオで”オーム””オウム~”とか唱え(キャー意味が分からないと怖い~)、やたらにサンスクリット語でマントラを唱えても(さすが最初はおっかなく、大いに引きました)、まったくおかしいなと目のまばたきもしない、と言うか、むしろその、ムムム~MMM音・恩VIBEからの恩恵を求めてやってきた、生徒さんたち。宗教ではなく、普段無意識に自動的ルーティンでふるまう我ら…ただ眠りについてる意識を今現在に起床させるといった狙いで、意識を目覚めさせるといったサウンドセラピーで、全く宗教ではないのです。この瞬間に目覚め(実は音・サウンドが放つ響きは人間の神経を静めたり、落ち着かせたりとベネフィットが無数です)自分の奥深く、生まれた時から備わった生きるJOY喜びを噛みしめる、意識するといったチャントですね。長年かけて浸透されたせいか、抵抗なくまったく自然に吸収していますよね、よその国からの健康法とかメソッド。一致している考えはとは?もう善でも悪でもなく、結局人間本来の輝きとか生きる喜びや人と人との繋がりを追及するために古代から受け継がれた知恵で、ハーバート医大のリサーチ学論でも証明されたヒーリング法です。私としてみれば気持ち良くってともかく効けばいいの!ってとこです。

ヨガはアメリカではフィットネス、アスリートやダンサーのセルフケア、医療方面、一般の健康維持プログラムと発展しているのに、日本でのヨガ歴史の1コマに悲劇的な事件があった事実のせいでひと昔は一般の人々からあまりにおっかないイメージが脳裏に焼き付いていたせいか避けられていたようで、残念でしたね。ヨガ自身は関係なく素晴らしいギフトなのに、。。。でもきっと新しい、若い世代の方々はヨガ盛んに包含しヨガライフを実践される海外のヨギからも影響も受け、特にアメリカでのプラクティカル、実用的、医学的なアプローチに影響され、もっと健康的なライフスタイルの一環として扱っていくことでしょう。アメリカでのヨガはただのブームではなく、息ずくライフスタイルなのです。

くりかえすようですが、ご存知、

根本的にヨガは宗教ではありません。スピリチュラル=宗教ではないのです。例えばスピリチュラルでまったくないアスリートもフィットネスヨガだけで十分とし、それ以上は求めてない場合も多し。得にジムのヨガは大抵そのレベル。ともかくヨガに関してのスピリチュラルってその言葉の本来の意味はなんでしょう?ヨガ哲学は深い。

ヨガはカルトではまったくありません。もしそのようなイメージがあれば、それは極端に異常な過去の1コマによっての酷い誤解からの一世代前の古い、時代遅れの、ごく限られた日本人だけが持つ偏った先入観とか、一種の偏見です。過去に悪利用されたせいで、その過去のイメージがすごいダメージを及ぼしたようですね。気がついたのですが、日本人の場合、だいたいその人が持つヨガのイメージでその人の年齢が大体わかります。若い人ほどプュアー、そう、偏見がないので、イメージがポジティブ。

又きっと一昔前、だれでも好き勝手にヨガを教えられるような風潮があったかもしれず、まったくスタンダードが統一されてなく、ヨガのイメージがあまりに個性的なカリズマインストラクターに左右されることもあったのではないでしょうか。自由だからと称しヒッピー文化や日本のオウム真理教などのネガテイブなイメージのおかげで一見だれでも教えられるような錯覚からくるのかもしれません。ヨガアラアインス認定200時間とかYA500時間のテイーチャートレ∺ニングを受けたら分かることですが、ヨガはだれでも教えられるような代物ではないと悟りました。勿論だれでも教えられるようなクラスはいつもどこか誰かが教えているでしょう。でも心身共にWOW!って、スカッと輝きが増し、感激する気持ちを育むクラスはやはり相当トレーニングを積んだ先生のもとでないとありえません。そしてトレーニングより大事なのは教える者と習う者の信頼関係ではないかと思います。相手を思いやる信頼関係さえ裏切らない関係を築けば、きっと色々な不安や不愉快な毎日から解放され、強い自分を見出すことができると信じます。

ヨガは ”新”でも”真”でもありません。異様でも不思議な発想でも思想でもありません。もう5000年の歴史をもつ、素直に自然界の掟をふまえての、おばあちゃんの知恵的なコンテンツを含む、古代から現代までの人間があらゆる苦しみや日常の苦労を通して代々伝えてきた知識や知恵をサイエンスとアートとして、融合されたメソッドで、正当な健康維持法です。

ご存知でしたか?日本の禅、東洋の仏教など皆ルーツを辿れば結局ヨガ哲学が原点であると証明されてます。

ヨガはまったく気味悪い療法ではありません、アユールベダと合わせると自己自癒力が高まります。知らないもの、無知だからと拒絶せず、習ってから判断です。一見(一験)は百耳に優る。

我、WAGA、そう、”マイ”ヨガを

一緒にプラクティスしましょうね003.gif

035.gif愛をこめて、八っグ、以上でした~(それこそ、いかがわしい?笑)
[PR]
by Ananda-Balasana | 2013-04-14 12:31 | Yoga & Health | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anandababy.exblog.jp/tb/18293950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Certified & Registered Yoga Alliance Instructor:自然治癒力を高めるヘルシーライフ志向*カリフォルニア西海岸ジョイフル人生をCELEBRATE!全米ヨガアライアンスTT200+キッズ&アドバンスR&R認定トレーナー
by Ananda-balasana
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
For English Version of this Blog, Click:英語版ブログスタート!
このブログに掲載されている記事、ライティング等、写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。リンクなどはウェルカムです。
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
アメリカでのパン事情…第2弾
at 2016-12-16 13:45
アメリカでのパン事情
at 2016-10-22 14:56
ブログジャンル
海外生活
美容・健康
画像一覧